- Blog記事一覧 -肩こりと肋骨の動き

肩こりと肋骨の動き

2019.03.29 | Category: 未分類

今日のテーマは肩こりと肋骨の動きについてです。

肩こりは主に首の筋群と肩の筋群の過緊張によって起こる症状です。
そして首の筋群の中でも前斜角筋と中斜角筋は第一肋骨の上端に、後斜角筋は第二肋骨に停止するため、これらの筋の緊張は直接肋骨の動きを妨げることになります。また、この首の筋肉の緊張を肩こりと感じている方が非常に多いように感じます。

このように首や肩の筋が緊張する事で、肋椎関節(肋骨と背骨で作られている関節)の可動域が制限され、呼吸が浅くなり、結果的に疲れを感じやすくなるといった悪循環に陥ってしまいます。また首や肩周りの筋の隙間から腕の神経や血管が出てくるので、ここが緊張する事で指先の冷えや腕から指先にかけて痺れが現れることも珍しくありません。胸郭出口症候群という名前も付けられていますが、頚肋といった第七頸椎から肋骨のような骨が出ているなど特別な状態でない限りは、斜角筋の筋緊張に原因があることが多いようです。

他にも、肩こりは頭痛の原因にもなり、日常生活を妨げる可能性がある症状なので、放置して悪化しないようにすることをお勧めします。

当院では、肋骨(肋椎関節)と背骨の調整にカイロプラクティックアジャストメントとアクチベーターの両方を使い、斜角筋や大胸筋、胸鎖乳突筋、ローテーターカフ等の筋に対しても直接アプローチする事で、肩こりを根本的に改善することを目指していきます。

長引く肩こりや首こり、それと同時に起こる頭痛を改善したいと考えておられる方は是非一度当院にご相談下さい。どの様に改善していけばよいか一緒に考えていきましょう。

Total body care Sky 宝塚 代表 大塚康之


月別アーカイブ

カテゴリ一覧

アクセス情報

所在地

〒665-0061
兵庫県宝塚市仁川北3-4-8 MARSH仁川1F

駐車場

お隣のタイムズをご利用ください

休診日

休診日情報

ご予約について

当院は予約優先制となります