- Blog記事一覧 - 2019 4月の記事一覧

2019 4月の記事一覧

産前・産後の骨盤の変化とケア

2019.04.25 | Category: 未分類

 今回は妊娠による骨盤の変化とそれに対するケアの仕方と私が行う施術の方法について書いていきたいと思います。

 まず、妊娠による骨盤の変化についてです。
 妊娠前の骨盤の関節(仙腸関節、恥骨結合)は靭帯によって非常に頑丈に繋がっており、ほとんど動きも無いのですが、妊娠によって靭帯が緩むことで、この頑丈な関節が動きを持ち、いわるゆる骨盤が開くという状態になっていきます。
 これは出産のための準備で、産道を作るために必要な身体の作用です。

 このようにして骨盤がしっかりと開くことで赤ちゃんを出産する事が出来るのですが、多くの方は出産時に骨盤の関節と関係する部分にダメージを受ける事が非常に多いように感じます。
 このダメージは放置していてもある程度良くなる方もおられますし、立ち上がるのも辛いという症状が長く続く方もおられます。良くある症状としては、腰痛、恥骨の痛み、股関節痛、膝痛等が挙げられます。

 私は、これらの症状の多くが恥骨と関係性が深いことに注目して施術を行うことが非常に多いです。恥骨には太ももの内側の筋肉(内転筋群)が付いていくのですが、出産によるダメージがこの太ももの内側の筋肉(内転筋群)に残ることが非常に多いように感じます。これによって、恥骨の痛みが起こるだけでなく、膝の痛みに繋がっているケースも良く見られます。またもう一つの骨盤の関節である仙腸関節のダメージは腰痛に繋がるケースが非常に多く、これは股関節を曲げる筋肉とも深い関係があるので、股関節の痛みにも関係してきます。特に太ももの前側の筋肉(大腿直筋)や股関節を曲げるときに使われる骨盤の筋肉(腸腰筋)は問題が起こっているケースが多いので施術をする機会が多いように感じます。

 これらの筋肉に対するアプローチにプラスしてアクチベーターという器具を使って、直接的に恥骨結合や仙腸関節に対してアプローチをすることで、これらの様々な症状が解消される可能性も高くなります。

 出産後はご自身でベルトを大転子(太もも外側の上側にあるでっぱり)と恥骨のラインで結ぶことも大切です。しかし、それだけでは産後のダメージを完全にカバーする事が難しい場合もあります。その場合はご自身のお身体についてTotal body care Sky 宝塚で一度ご相談頂ければと思います。

 産後は心と身体のバランスを保つことも難しい時期です。当店ではキッズスペースも設けており、お子様連れでも対応させて頂けます。お気軽にお問い合わせください。

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

アクセス情報

所在地

〒665-0061
兵庫県宝塚市仁川北3-4-8 MARSH仁川1F

駐車場

お隣のタイムズをご利用ください

休診日

休診日情報

ご予約について

当院は予約優先制となります